宮原線の終着駅、熊本県肥後小国沿線の木材と穀物などの運搬と人々の輸送に小型でありながら力強く活躍していました。
 
宮原線、廃線の記録
1984年(昭和59年11月30日)宮原線恵良駅~肥後小国駅間(266㌔)は、道路交通網の発達で赤字路線となり廃線。
この日の最終列車は、午後8時13分肥後小国駅、豊後森駅に同
9時13分着列車番号「3470」「さよなら」国鉄職員の思いを込めた規則破りの番号だったという。このことで、町田、宝泉寺、麻生釣、北里、肥後小国の各駅名は宮原線という路線名と共に永久に消滅しました。